ヴィンテージ TUDORの魅力について

 

現在は国内正規代理店が出来てチューダーという呼び名も定着しているTUDORですが以前は国内に正規店がなかったためにヴィンテージ物はロレックスに比べ流通量が少なく年々希少価値が高くなっています。
ヴィンテージの魅力の一つにそれぞれの個体の差が現行品に比べて大きく分かれるというポイントが上げられます。
例えばベゼルの部分が灼けて独特の色合いになりダイアルとの絶妙なバランスを醸し出したり使用傷さえも年代を経た雰囲気として楽しめます。
その他にも文字盤や針の色合いが綺麗目のホワイトからクリーム・そしてアイボリー・もう少し灼けて飴色などお好みの色合いを見つける楽しみが味わえしかもその価値さえも高まります。
他のヴィンテージ品と異なり時計はコンディションの良いムーブメントの物を選んでおけば毎日身につけて楽しみながら5年・10年と持ち続ける事で資産価値を増やす事ができる随一のファッションアイテムです。
特にTUDORはこの長い歴史の中でいつの時代においても市場で金・プラチナ以上に常に高投資先としての需要があり続けて持っていて損がないヴィンテージ商品ではないかと言えます。

下取でもしっかりとした価格が付きますのでお気軽に時計のステップアップが可能です。
古い物を大切にする文化が根付いているヨーロッパやアメリカに続いて近年では一部のファッションに敏感な日本のマニアもヴィンテージ時計を買い求める様になってきました。
コレクターから譲り受けた上質な時計を所有してヴィンテージ TUDORの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

コメント投稿は締め切りました。